JP EN

Environment & Animal Protection
環境と動物保護

Fair Wear Foundation
フェアウェア
ファウンデーション
FWFはテキスタイル・衣料業界の労働環境などの改善・監督をする独立機関で、ドイターはFWFの監査を受けながら事業に取り組んでいます。
bluesign®
ブルーサイン

繊維製品の規格で、世界で最も厳しい基準「ブルーサイン」の認定を、ドイターの一部製品は受けています。
Responsible Down Standard
レスポンシブル・ダウン・スタンダード
ドイターは2015年6月から、規格基準を満たしたダウンやフェザーしか使用をしていません。
Textilbuendnis
継続的テキスタイル
パートナーシップ
2014年10月にドイツで設立されたテキスタイル業者のための組織。
  • Fair Wear Foundation
    フェアウェア
    ファウンデーション
    FWFはテキスタイル・衣料業界の労働環境などの改善・監督をする独立機関で、ドイターはFWFの監査を受けながら事業に取り組んでいます。
  • bluesign®
    ブルーサイン

    繊維製品の規格で、世界で最も厳しい基準「ブルーサイン」の認定を、ドイターの一部製品は受けています。
  • Responsible Down Standard
    レスポンシブル・ダウン・スタンダード
    ドイターは2015年6月から、規格基準を満たしたダウンやフェザーしか使用をしていません。
  • Textilbuendnis
    継続的テキスタイル
    パートナーシップ
    2014年10月にドイツで設立されたテキスタイル業者のための組織。

The bluesign® Standard
ブルーサイン®スタンダード

ドイターは2008年よりブルーサイン®のパートナーとなりました。

ドイターの製造プロセスの最適化については、世界中の繊維製品の中で最も厳しい環境基準であるブルーサイン®スタンダードを使用しています。

ブルーサイン®スタンダードは、環境保護、産業安全、消費者保護のためにの世界で最も厳しい規格です。他の環境を謳った運動とは異なり、ブルーサイン®スタンダードでは最終製品に汚染物質が含まれていないか、また化学物質が含まれていないかを検査するに留まらず、製造プロセスとすべての部品への検査が必要です。

製造プロセスを通して、原料から最終製品に至るまで、材料使用量、エネルギーと水の消費、化学物質、騒音、廃棄物や排水の処理、作業時の安全性に関する最適化を追求しています。

ブルーサインに関する詳細は「www.bluesign.com」をご覧ください。

Responsible Down Standard
ダウン基準の責任

サプライチェーン全体で動物福祉を確保するために、2015年6月以降は認定された羽毛のみを使用しています。

ドイターのシュラフでは主に化繊から作られており、ダウンについては全体の16%だけの使用に控えています。この天然製品は、特に軽量性と高熱性が考慮される場合には、化繊と比べて最高の断熱材となります。

生きている動物から羽毛を採取することによって、収穫中の動物にとって重大なけがが起こることがあります。このリスクを最小限に抑えるために、当初から中国で食用に用いられる鳥からのみ羽毛を採取しています。

2015年6月以来、さらなる一歩を踏み出し、リスポンシブル・ダウン・スタンダード(RDS)によって認定されている羽毛を使用しています。ひよこからシュラフの羽毛になるまでの生産とサプライチェーン全体を理解する必要があります。透明性が最終的な目標です。独立した監査人が世界中の各生産拠点を訪れ評価します。動物保護がすべての段階で検討され、シュラフはRDS証明書(リスポンシブル・ダウン・スタンダード)の要件を満たしています。詳しい情報はこちらでご覧ください「textileexchange.org」。

Textile Alliance
テキスタイルアライアンス

2015年6月、ドイターは持続可能なテキスタイルビジネスのアライアンスに加盟しました。

テキスタイルアライアンスは、2014年10月に政府によって活動を開始しました。メンバーは経済界、一般社会や労働組合などから加盟していて、テキスタイル業界の社会的、環境的、経済的な改善を目指しています。

詳細: textilbuendnis.com

European Outdoor Conservation Association
ヨーロッパ・アウトドア保全協会

ドイターはヨーロッパ・アウトドア保全協会(EOCA)の創設メンバーです。

EOCAは、世界中の環境保全プロジェクトなどを支援する、ヨーロッパのアウトドア非営利団体です。

非営利団体 outdoorconservation.eu/

Deuter Headquarter
ドイター本社

2012年に、アウグスブルグ近くのGersthofenに本社が移りました。新社屋は環境的負荷を考慮したつくりになっています。

Social Responsibility
社会的責任

Fair Wear Foundation
フェア・ウェア・ファンデーション

ドイターは、すべての製品について2つの生産パートナーだけを選びました。バックパックのサプライヤーは、20年以上にわたり独占的かつ信頼のあるパートナー関係にあり、シュラフは12年以上にわたり同じ製造業者によって作られています。したがって、2011年のFWFガイドラインへの参加以前にも十分な条件を満たしており、工場での実施に集中的に取り組むことができます。

FWFとは何ですか?

FWFは独立した監督機関で世界中の企業や工場と一緒にビジネスを進めていきます。テキスタイルや衣類業界での労働環境を、特に低賃金の国々での環境を改善する目的を持っています。ドイターはFWFに参加することで、FWFの厳しい就業規則(労働慣行の規範)をコミットすることを約束しています。